高卒サッカー選手は起業しなさい! パート2

その戦略の一つとして、FC淡路島はまだ構想段階ですが、
来年4月ぐらいに洲本の一等地に
ビル一棟を借りようかなと思います。

だいたい、100坪ぐらいで
3階建てです。

イメージです。とくにモニターは予算的に
後の話ですので妄想です(笑)


そこで、選手たちに起業経験をさせようと
思います。


起業で一番たいへんなのは初期費用と
運転資金、専門的にいうと損益分岐点まで
のキャッシュをどれだけ持つかというのを
考えないといけません。


そうすると、初期費用に店を借りるとすると
敷金礼金がだいたい店舗だと家賃の10ヶ月分
内装費、工事費もろもろがかかってきます。

そして、商売をスタートすれば仕入れ費
光熱費、人件費などがかかってきます。

当然、いきなりスタートで儲けることは
不可能なのでだいたい赤字です。なので、
ある程度、現金の担保がないとそく
キャッシュアウトして終了。

たいていの人は、売上を上げ続けることに
自信がなく、どんどん準備して30歳、40歳
と伸びてしまうわけです。

考えると分かりますよね。サラリーマンが貯金しようと
思うと相当な時間がかかりますし、融資を借りても
まーなかなかうまくいく人はむずかしいです。

それに貯金している時点で再現性がありません。
貯金で作ったお金であり、自分の事業で作った
お金ではありません。商売感覚が身についていないので
やってみると分かりますが、いくら準備しても
経営の厳しさを誰しもが痛感させられることでしょう。
僕もはじめて起業した時1500万円損失させました(笑)


で、FC淡路島は単純に共同経営を高校生から
させようと思います。別に高校生でも、まわりに
バックアップする人がいて、きっちり教育して
現場に立たせれば問題はありません。

さっきのビルを一棟借をしようと考えているのは
徹底的にコストとリスクを抑えるためです。

選手に場所を貸してあげれば、選手は
初期費用も内装費もいらない。家賃も変動費に
すればリスクはありません。


そういう仕組みにしてあげれば、
すぐにスタートすることができ、
経験を積むことができます。


仮に失敗しても、どうってことはありません。
経験が手に入るだけです。そこから就職活動をしても

「何やってたの?今まで」って聞かれたら、

起業していました。後はこういう経験を積みました。
失敗しましたので就職します。というのは筋が
通っている話ですので、だいたいこのパターンで
仕事が決まらない人は見たことがありません。
そして、案外就職するとこのタイプは会社で
結果を出す人が多いです。

逆に何も経験してなくて、何も実績をつまなくて
仕事が決まらない人はたくさん見てきましたが(笑)

サッカーに集中したいと言い訳している人も
いますが、ビジネスを経験することでサッカーに
活きることもあります。

経営は人を動かすことを学びますし、交渉力も
身につきます。何より信用を身につきます。
リーダーシップも身につきますし、振る舞いを身につける
ことができます。日々問題ばかりですので、
問題解決能力も身につきます。自分を表現する能力も
増えるでしょうし、社長になれば社長と関わることも
何かしら増えます。


これはサッカーでも何かしら活きることですし
大学生でも、さすがにこんな経験をすることが
できないので、ごく一部の人しかやっていないことを
やらせることで、ごく一部の人間を作ることができる
という単純な考えです。単純ですが、効果は大きいです。


どうせサッカーに集中するというヤツほど
女遊びをしたり、パチンコしたりするわけですから
これは逆にサッカーに集中力を奪うもとにも
なるわけです。

まー、集中すると言っても、キャッシュフローが
あるわけではありませんので、バイトしますよね。

食えないんだから。サッカーに集中すると言っているやつで
24時間サッカーしかしていないという人は見たことがありません。
プロなら分かりますが、物理的にサッカーに集中するなんて
不可能です。それか物凄いスポンサーがつくか、、、


いずれにせよ確率が低いわけです。
だったら、起業した方がバイトよりいいやんって話です(笑)


まー、余り重たい起業をすると
本当に鬱になって、サッカーに集中できなくなるので
プチ起業をさせるぐらいがちょうどいいのかなと、


イメージでは、ある程度食えるようになって
コツをつかめば、3〜5年経験すると政策金融公庫が
無担保無保証で融資してくれると思うので、
さらに大胆にチャレンジすれば、同じ5年間でも
サラリーで貯金だけするよりかは、まだ確率は高いんじゃね
という考えです。


18歳から5年なので、23歳で起業。
23歳から収入もコストも100%自分なのでうまくいけば
収入は天井がありません。23歳から起業家として30歳まで
7年経験できるので、共同経営5年、自営業7年、合計12年
の経験を積んで30歳しょぼいということは、しょぼくなる
方が確率が低いと思うんですよね。

僕も18歳の時、カスみたいな生活をしていたのですが
なんだかんだ起業経験が11年で、単純にこの戦略が
あたっただけです。たぶん、僕じゃなくても10年
同じようなことをやれば、そこそこにはなると思うんですよね。

最悪、体験して向き不向きもあると思うので
起業が向いていない、イメージと現実が
違うかったーと思えば、就職すればいいわけです。

5年10年貯金して、準備して
やってみて、起業はイメージと違うっていうより
はやくはじめて、はやく違うと気づいた方が
絶対に賢いと思うんですよね。未だにいますけどね。
30歳でどう考えても起業にむいていない人が
妄想で、起業したいと思って準備している人が、
たぶん起業したらやばいことになると思います。
それなら、さっさ早い段階でチャレンジして
駄目だと悟った方がいいと思うわけです。


まー、こんな感じです。

サッカー選手のキャリア支援というより
実績と経験を積むサポートをした方が
面白いかなと思います。

なので、高校生にももし、来年FC淡路島に
来たら、「めちゃくちゃ生活費をおさえさせて
最低限バイトで食えるようにして、時間を
作り、空いている時間に事業をしろ」と
アドバイスしました!

ただ4年大学いくよりも、4年そういう経験を
した方が22歳の時にいろんな意味で差が
開くし、おそらくもう二度と追いつかないぐらいの
差をつけるんじゃないかな?というのが
僕が理想とするビジョンです。

就職先は人脈が多少あるので紹介はできるので
後は、紹介できるのにふさわしい実力と経験を
積むだけです。

こんな感じでFC淡路島は一応考えていますので
共感してくれた人は、いつかお会いする時が来るかも
知れません^^ まー、試合観に来てくれれば簡単に
会えるのですが、、、

いずれにしても、最近は「ブログみました」
「ブログ面白いです」という声を頂きましたので
適当に今日も書きました。サッカーの話が受けずに
こっちのネタの方がウケるのは残念ですが、サッカーネタは
他の選手に任せます^^ それではまた


PS いい忘れていました。

今、教え子と淡路島語学留学みたいなことを考えていて
単純に、外人と日本人を一緒に住ませるシェアハウス
みたいなことをしようと思います。

嫌でも英語をしゃべらないといけない環境ですので
地元だと逃げ出すので、淡路島だったら誰も友達が
いないので追い込めると思います。

そうすれば、今回の高校生も1年中国人と住む
1年フィリピン人と住んで英語を話せるようになる。
1年スペイン人と住んでスペイン語を話せるようになる。

となれば、22歳で中国語、英語、スペイン語と話せるように
なれば面白いんじゃないかなと(笑)それに経営も学べて
サッカーも週5できる環境だったら、20代の時間の使い方と
しては悪くないんじゃないかなと思うんですけどね。
どうでしょうか?

海外でプレーしたい人は、FC淡路島挟んだほうがアリだと
思うんですけどね、、、

この選手のブログ一覧

この選手のブログ記事一覧

新着ニュース

Youtubeチャンネル

FC淡路島のYoutubeチャンネルが解説!ドキュメンタリーとしてFC淡路島の裏側が知れます!

LINE@に登録してFC淡路島を応援しよう!

LINE@で試合の速報や、ユニフォームの特別販売の案内など様々な情報を発信しています。