[マッチレビュー]関西サッカーリーグDivision2 第8節 vs FC EASY02 (4-1)

総力戦の試合となった。

今節は#21 斎藤翼選手がリーグ戦初のメンバー入りで初先発を飾った。

前節の勢いそのままに前から圧力を掛け、サイドを起点にチャンスを作る。
サイドのプレーヤーだけでなくCBの#24 生駒稀生選手や#18 松岡秀平選手も積極的に攻撃に参加し、厚みのある攻撃を展開する。
そして前半13分、#23 松井亮太選手のパスから#8 小木曽春樹選手が見事なシュートを決め先制に成功する。
なおも攻め続け前半18分には#29 築山隼選手がゴール前でキープすると最後は攻撃参加していた生駒稀生選手が押し込み追加点、終了間際には#14 松近嘉莉歩選手がミドルシュートを決めいい形で前半を終える。

後半スタートから#6 下村和真選手、松近嘉莉歩選手に替え#22 太田潤選手、怪我から復帰した#2 引地海斗選手を投入する。しかし、前半のようないい形を作ることができない。
足も止まり始め攻めあぐねていると後半22分、セットプレーから押し込まれ点差を縮められる。
後半30分には#9 土井良太選手が決め試合を決定づけるが後半は課題の多いゲームとなった。

今節では先発した斎藤翼選手や出場こそ無かったものの#27 宮島嵩斗選手がベンチ入りするなどリーグ戦の出場が無かった選手がチャンスを掴み取れたことはプラスだった。しかし後半の戦い方やセットプレーでの失点など課題も見えた。

次節はいよいよリーグ戦折返しとなる。対戦相手はFC淡路島がリーグ戦で敗戦を喫した阪南大クラブや神戸FCに勝利している守山侍2000。
難敵との対戦となるが総力を結集していい形で前半戦を締めくくりたい。

なお、試合の写真はFC淡路島公式Instagramに掲載いたしますのでぜひそちらもご覧ください。
https://www.instagram.com/fc.awj.official/

試合後監督インタビュー

■簡単に本日の試合を振り返ってください。
「前半3得点トレーニングした形で取れたというのが非常に良かったというふうに思います。ただ後半だけ見れば1-1で厳しい試合展開になりましたけど、4-1というスコアで勝てたことが大事かなと思います。」

■前半3-0で折り返した中で後半スタートから2選手交代しましたがその意図は何でしたか?
「試合にあまり出場していなかった選手にチャンスを与えてどこまでやれるかというのをしっかりと判断したいなというのもありましたし、怪我のリスクを負って出場させる必要もないかなというのもありました。」

■後半途中に1トップから2トップへシステムを変更しましたが理由はどういったところですか?
「そこは選手の適性というか今日、庄田選手が出場しましたけどCFが2枚ピッチ上に入って3トップのままいくとゲームのバランスが崩れると思ったので適正を見て変更しました。」

■これまで得点力が課題でしたが、この試合では4得点取ることができました。その要因はありますか?
「トレーニングの形が出たと思います。サイドが幅と深さを取った上でバイタルエリアでスペースを作り出して、そこに前向きな選手が走り込んでいく。そういったところから今日も得点を取れたと思うのでそこはトレーニングでやってきたことを体現できたと思うんですけど、まだまだ得点力不足なのかなと。チャンスは他にもたくさんあったと思いますのでそこを決めれるようになればいいかなと思います。」

■来週は前期最終節、首位の守山侍との対戦となりますが1週間どのように取り組んでいきますか?
「まずは今日厳しいゲーム、気候だったり湿度だったり蒸し暑さのなかでかなり疲れが見えたゲームなので、まずは来週に向けてしっかりと疲れを残さないというのがすべきことかなと思います。」

次戦試合情報

■大会名:関西サッカーリーグDivision2 第9節

■対戦相手:守山侍2000

■会場:アスパ五色メイングラウンド

■日時:07月11日 (日) 11:30KO

Youtubeチャンネル

FC淡路島のYoutubeチャンネルが解説!ドキュメンタリーとしてFC淡路島の裏側が知れます!

LINE@に登録してFC淡路島を応援しよう!

LINE@で試合の速報や、ユニフォームの特別販売の案内など様々な情報を発信しています。